※まだ、製作途中なので画像が少ないです。
ピーマンの特徴
【名前】ピーマン
【種類】ナス科
【難易度】★★★☆☆
連作障害】〇(3∼4年空ける)
【発芽気温】25~30℃
【栽培適温】25~30℃
【収穫できるまで】約40日
スポンサーリンク

ピーマンの栽培カレンダー

ピーマンを栽培する前に、栽培期間を確かめておきましょう!

5 6 7 8 9 10
植えつけ 植えつけ
追肥 追肥
収穫 収穫

ピーマンの畑作りから収穫まで…

ピーマンの栽培方法を、画像を使って分かりやすく紹介していきます。

1.畑作り①

※植えつけの2週間前

まず始めは!

 

ピーマンが好む畑を作ってあげます!

畑作りは、種まきの2週間前と1週間前の計2回で畑を作っていきます。

畑を調整するために必要なものは…

  1. 化成肥料
  2. 堆肥(たいひ)
  3. 石灰(せっかい)

この3つが必要になります。

1⃣ピーマンを作る場所を決めて、幅60cmで栽培する範囲を決めます。

 

2⃣種まきの2週間前にクワなどを使って土を、約20cm耕(おこ)して土を柔らかくします。

3⃣土を柔らかく出来たら、石灰を1m2あたり100g程度畑にあたえます

4⃣その後クワなどを使って土となじませていきます!

これで1回目の土作りは終了です。

1.5.畑作り②

 ※植えつけの1週間前

石灰を与えた一週間後に、元肥をあたえる作業をします。

 

1⃣一週間前に石灰をあたえた場所に、深さ30㎝の溝を掘ります。

 

2⃣溝の中1m2あたり堆肥2㎏と化成肥料を100g程度と外側の土にも1m2に化成肥料を100g程度あたえてます。

3⃣そして、溝の中に土を戻します。

 

3⃣幅は50~60cmで高さが10~15cmの畝(うね)を作ります!

4⃣畝が出来たらマルチを張っていきます。

 

この作業が終わったら、ピーマンの土作りは終了です。

2.植えつけ

※5月下旬~6月上旬

 

ピーマンは、種で作るのは難しいので苗を買ってきて栽培します。

 

よい苗の選び方は…

  1. 茎が太くて丈夫
  2. 1番花がついている
  3. 子葉が元気にしている
  4. 葉っぱが10枚くらいある

この4つを見て買っていただければ元気な苗が買えます!

 

植え付けをするときは、温かくなってきたなと感じる5月下旬~6月上旬になってから植え付けをしましょう!

 

寒くて植えつけが出来ない時は、家の日が当たる場所で育てておきましょう!

 

1⃣植え付け時期になったら、マルチに50cm間隔でトマトを植えつけるための穴をカッターなどであけていきます。

 

2⃣穴の中に、土に穴をあけないようにジョウロからでた水を手にぶつけて水をあげます。

 

3⃣穴の中に苗を、ポットに入っている土と根を崩さないように出して穴に入れて、その後土をかぶせて軽く手で押します。

 

4⃣その後は、仮支柱をますっぐ立てて余裕を持たせて8の字結びで、支柱と苗を結んでその後に水をたっぷりあげます。

 

5⃣(任意)あんどんをつけると強風や低温の対策になります!

 

ここでのポイント!
地温が低いときに植えると生育が悪くなってしまいます。
茎が弱く強風や実がたくさんついたら折れてしまいやすいので、支柱を立ててサポートします。

これで、ピーマン植えつけは終了です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたへのおすすめ