※まだ、製作途中なので画像が少ないです。
枝豆の特徴
【名前】枝豆
【種類】マメ科
【難易度】★★★☆☆
連作障害】〇(2∼3年空ける)
【発芽気温】20~25℃
【栽培適温】20~25℃
【収穫できるまで】約60日
スポンサーリンク

枝豆の栽培カレンダー

枝豆を栽培する前に、栽培期間を確かめておきましょう!

4月 5月 6月 7月 8月
種まき 種まき
追肥 追肥
収穫 収穫

 

枝豆の畑作りから収穫まで…

枝豆の栽培方法を、画像を使って分かりやすく紹介していきます。

1.畑作り①

※植えつけの2週間前

まず始めに!

 

枝豆が良く育つ畑を作ってあげます!

畑作りは、種まきの2週間前と1週間前の計2回で畑を作っていきます。

畑を調整するために必要なものは…

 

  1. 成肥料
  2. 堆肥(たいひ)
  3. 苦土石灰(くどせっかい)

この3つが必要になります。

1⃣畑の作り方は、種まきの2週間前にクワなどを使って畑を耕して土を柔らかくしましょう。

2⃣土を柔らかく出来たら、苦土石灰を1m2あたり100g程度畑にあたえて、クワなどを使ってなじませましょう!

 

これでこの日は、終了です。

1.5.畑作り②

 ※植えつけの1週間前

苦土石灰をあたえた一週間後に、元肥をあたえる作業をします。

1⃣一週間前に苦土石灰をあたえた場所に、1m2あたり堆肥2㎏と化成肥料を50g程度あたえてクワを使ってなじませていきます。

 

2⃣その後は、幅が70~80mで高さが10~15cmの畝(うね)を作ります!

 

畝がきれいに作れない人は➡初心者でも綺麗な畝(うね)を作る講座!をご覧ください!

 

これで畑作りは終了です。

ここでのポイント!
化成肥料に窒素がたくさん入っているものは、たくさんあげると実が大きくなりずらくなります。

2.種まき(播種)

※5月上旬~下旬

 

1⃣種まきの時期になったら、株間15cm間隔で深さ2cmの窪(くぼ)みを作って、窪みの中に種を2粒ずつ入れていきます。

 

2⃣窪みに土をかぶせて軽く上から土を押してあげます。

 

3⃣ジョウロで水をたっぷりあげましょう!

 

4⃣鳥に種が食べられないために、寒冷紗やペットボトルを半分に切ったものを使う。

ここでのポイント!

種を取りに食べられてしまったら、収穫出来なくなってしまうので鳥対策はしっかりしましょう!

3.追肥・土寄せ

 ※種まきから2~3週間後
追肥は、枝豆の花が咲き始めたら追肥していきます。
追肥する方法は、枝豆の株の周りに1m2あたり化成肥料を一握り(10~20g)あたえて指先で、土と肥料を軽く混ぜてから枝豆の株元に土を、寄せてあげましょう!
ここでのポイント!
枝豆の追肥は、やりすぎると実が大きくならなくなってしまうので、元肥をちゃんとあげてる人はやらないのも一つの手です!

4.摘芯(てきしん)

 ※
摘芯というのは、茎の先端の成長を止めることで、わき芽の方に栄養を送り成長させて葉や花を増やして収穫量を増やす技です。
画像
摘芯の方法は、本葉が5~6枚くらいになったら株を、茎の先端部分をハサミなどで切ります。
あさかのひとこと!
摘芯をやる株とやらない株を2つ作って、大きさと収穫量を比べてみると実験みたいで面白いよ!

4.収穫

※種まきから2か月後

 

株のサヤの実が大きくふくらんきたらで、収穫時期です。

 

収穫か確かめるために、株の中段のサヤを一つだけ取って中の実がふくらんでいるかを確かめるといいですよ!

 

ニンジイさん
枝豆を栽培方法のコツは、どれだけ肥料を使うかじゃぞ!

枝豆の栽培で使用したものを紹介

枝豆の栽培で使った肥料と道具を、紹介していきます。

 

土作り

  • 化成肥料
  • 堆肥(たいひ)
  • 苦土石灰(くどせっかい)

 

道具

  • クワ
  • ハサミ
  • 寒冷紗
  • スコップ
  • ジョウロ
  • 半分に切ったペットボトル
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたへのおすすめ