※まだ、製作途中なので画像が少ないです。
唐辛子の特徴
【名前】唐辛子
【種類】ナス科
【難易度】★★★☆☆
連作障害】〇(2∼5年は、空ける)
【発芽気温】15~25℃
【栽培適温】18~25℃
【収穫できるまで】約90日
スポンサーリンク

唐辛子の栽培カレンダー

唐辛子を栽培する前に、栽培期間を確かめておきましょう!

5 6 7 8 9
植えつけ 植えつけ
追肥 追肥
収穫 収穫

 

唐辛子の畑作りから収穫まで…

唐辛子の栽培方法を、画像を使って分かりやすく紹介していきます。

1.畑作り①

※植えつけの2週間前

まず始めは!

 

唐辛子が好む畑を作ってあげます!

畑作りは、植えつけの2週間前と1週間前の計2回で畑を作っていきます。

 

土作りのために必要なもの

  1. 成肥料
  2. 堆肥(たいひ)
  3. 石灰(せっかい)

この3つが必要になります。

1⃣トウガラシを作る場所を決めて、幅は70cmで栽培する範囲を決めます。

 

2⃣種まきの2週間前に全体的にクワなどを使って土を、約20cm耕(おこ)して土を柔らかくします。

3⃣土を柔らかく出来たら、枠内に石灰を1m2あたり150∼200g程度畑にあたえてます。

 

4⃣クワなどを使って石灰と土をなじませていきます!

これで1回目の土作りは終了です。

1.5.畑作り②

 ※植えつけの1週間前

苦土石灰をあたえた一週間後に、元肥をあたえる作業をします。

1⃣一週間前に苦土石灰をあたえた場所に、30cm穴を掘ってその中に1m2あたり堆肥2㎏と化成肥料を100g程度を入れて、穴をふさいで畝(うね)を作っていきます。

 

2⃣畝のかたちは、幅は70cmで高さが10~15cmの畝(うね)を作りましょう!

 

畝がきれいに作れない人は➡初心者でも綺麗な畝(うね)を作る講座!をご覧ください!

 

3⃣そして、畝が出来たらマルチを張ります。

 

マルチの貼り方がいまいちわからない人は➡初心者でも綺麗に張れるマルチの張り方講座!をご覧ください!

 

この作業が終わったら、唐辛子の土作りは終了です。

2.植えつけ

※4月中旬~5月中旬

 

唐辛子は、種で作るのは難しいので苗を買ってきて栽培します。

 

よい苗の選び方は…

  • 茎が丈夫
  • 葉っぱがしっかりしている

この2つを見て買っていただければ元気な苗が買えます!

 

植え付けをするときは、気温が高くなったと感じる5月下旬くらいになってから植え付けをしましょう!

 

1⃣植え付け時期になったら、マルチに50cm感覚で唐辛子を植えつける穴をカッターなどであけていきます。

 

2⃣穴の中に苗を、ポットに入っている土と根を崩さないように出して穴に入れて、その後土をかぶせて軽く手で押します。

 

3⃣仮支柱をますっぐ立てて余裕を持たせて8の字結びで、支柱と苗を結んでその後に水をたくさんあげます。

 

これで、唐辛子植えつけは終了です。

3.芽かき

※植えつけから2~3週間後

 

芽かきとは、わき芽と呼ばれるものを摘みとって栄養を主枝にいかせる作業です。

 

唐辛子のわき芽かきは、最初の花が咲き始めた頃にやります。

 

1⃣やり方は、一番最初に咲いた花より下のわき芽は全て摘みとっていきます。

ここでのポイント!
芽かきは一見可哀そうに思えるかもしれませんが、芽かきをやることで生育が良くなるのでやりましょう!

4.追肥・土寄せ

※植えつけから2~3週間後

 

1⃣追肥の方法は、唐辛子近くの通路に1m2あたり化成肥料を一握り(20~30g)くらいあたえてクワを使って土となじませます。

 

2⃣追肥1回目から唐辛子は、生育期間が長いので肥料切れしないように2週間に1回はやってください。

5.収穫

※植えつけから3か月後

 

収穫は、実が赤くなったら収穫出来るようになります。

 

 

1⃣収穫方法は、唐辛子の株全体の実が赤くなるのを待って株ごと抜き取ります。

 

2⃣その後に、乾燥させるために株を風邪通りがいい場所に縛ったりつるしたりして乾燥させてください!

 

以上唐辛子の栽培方法でした。

ニンジイさん
唐辛子を、無意味に食べて遊んでいると口がヒリヒリして涙が出てくるので気をつけるのじゃぞ! (ワシの体験談じゃ!)

唐辛子の栽培で使用したものを紹介

唐辛子の栽培で使った肥料と道具を、紹介していきます。

 

土作り

  • 堆肥(たいひ)
  • 化成肥料

 

道具

  • クワ
  • ハサミ
  • ジョウロ
  • スコップ
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたへのおすすめ