※まだ、製作途中なので画像が少ないです。

サツマイモの特徴
【名前】サツマイモ
【種類】ヒルガオ科
【難易度】★★★☆☆
連作障害】〇(1∼2年は空ける)
【発芽気温】15~20℃
【栽培適温】15~20℃
【収穫できるまで】約5ヵ月
スポンサーリンク

サツマイモの栽培カレンダー

サツマイモを栽培する前に、栽培期間を確かめておきましょう!

サツマイモの畑作りから収穫まで…

サツマイモの栽培方法を、画像を使って分かりやすく紹介していきます。

1.畑作り①

※植えつけの2週間前

サツマイモを栽培するために、サツマイモが好む畑を作ってあげましょう!

畑作りは、種まきの2週間前と1週間前の計2回で作っていきます。

畑を調整するために必要なものは…

  1. 成肥料
  2. 堆肥(たいひ)
  3. 苦土石灰(くどせっかい)

この3つが必要になります。

1⃣畑の作り方は、種まきの2週間前にクワなどを使って畑を耕(おこ)して土を柔らかくします。

2⃣土を柔らかく出来たら、苦土石灰を1m2あたり50g程度畑にあたえてクワなどを使って土となじませていきます!

これでこの日の畑作りは、終わりです。

1.5.畑作り②

 ※植えつけの1週間前

※長年栽培している場合は、元肥をあたえなくても大丈夫です!

苦土石灰をあたえた一週間後に、元肥をあたえる作業をします。

1⃣一週間前に苦土石灰をあたえた場所に、元肥を1m2あたり堆肥2㎏と化成肥料を100g程度あたえてクワを使ってなじませていきます。

2⃣そして、幅70mで高さが30cmの畝(うね)を、作りましょう!

畝がきれいに作れない人は➡初心者でも綺麗な畝(うね)を作る講座!をご覧ください!

3⃣(任意)畝が出来たらマルチを張っていきます。

 

マルチの貼り方がいまいちわからない人は➡初心者でも綺麗に張れるマルチの張り方講座!をご覧ください!

 

この作業が終わったら、サツマイモの土作りは終了です。

ここでのポイント!
サツマイモを栽培する畑で、長年作物を栽培している場合は、元肥をあたえる作業はやらなくても大丈夫です。

2.植えつけ

※5月上旬~6月中旬

 

栽培するときに元気な苗は、育ちやすいので元気な苗を買うようにしましょう!

 

元気な苗の選び方

  1. 茎が太い
  2. 葉の色がよい
  3. 節間は7~8節
  4. 長さは25~30cm

この4つを注目して買っていただければ元気な苗が買えます!

1⃣植えつけ前日に、水が入ったバケツに苗を入れて水を吸わます。

2⃣植え付け方法は、30cm間隔で苗が入るサイズの穴を開けていきます。

 

2⃣苗を植えつけるときは、1本を土の中に斜めに植えて土をかぶせて上から軽く押します。

 

3⃣ジョウロでたっぷりと水をあげます。

 

これで、サツマイモ植えつけは終了です。

3.ツル返し

※植え付けから1カ月後

 

ツル返しとは、ツルが伸びていくと根が伸びて出来てしまう小さいイモが出来ないように、根を切り取る作業です。

1⃣ツル返しの方法は、ツルが伸びてきた頃にツルを持ち上げて根っこを切り取ります。

4.収穫

※植え付けから約5ヵ月後

 

霜が降りる前の10月ごろに、サツマイモが太ってきたら収穫します。

 

1⃣収穫方法は、引っこ抜いて土の中に残っていないか確かめるだけです。

 

2⃣収穫した後は、土をつけたまま風邪通りの良いところで1週間前後置しておくと甘みが増して美味しく食べれます!

ここでのポイント!

ニンジイさん
石焼き芋を売っているあの曲を、聞くと秋だなぁ~と感じるのじゃ!

サツマイモ栽培で使用したものを紹介

サツマイモ栽培で使った肥料と道具を、紹介していきます。

 

土作り

  • 化成肥料
  • 堆肥(たいひ)
  • 苦土石灰(くどせっかい)

 

道具

  • クワ
  • マルチ
  • スコップ
  • ジョウロ
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたへのおすすめ