※まだ、製作途中なので画像がありません。

キャベツの特徴
【名前】キャベツ
【種類】キク科
【難易度】★★★★☆
連作障害】〇(1∼2年は、空ける)
【発芽気温】15~30℃
【栽培適温】15~20℃
【収穫できるまで】約70日
スポンサーリンク

キャベツの栽培カレンダー

キャベツを栽培する前に、栽培期間を確かめておきましょう!

キャベツの苗づくりから収穫まで…

キャベツの栽培方法を、画像を使って分かりやすく紹介していきます。

 

今回はキャベツの苗を売っているところを見たことがないので、苗の作り方から紹介しようと思います。

 

※苗を買える人は、作る必要がありません!

1.苗づくり

※植えつけの2~3週間前

 

苗づくりに必要なもの

  • ポット
  • ジョウロ
  • キャベツの種
  • 培養土(ばいようど)

の4点です。

苗の作り方

1⃣ポットに培養土を8割くらい入れて、トントンとポットを地面に軽く落とします。

 

2⃣ポットに5㎜~1㎝程度の窪(くぼ)みをつけて、種を4~5粒入れていきます。

 

3⃣窪みに土を軽くかぶせて表面を軽く押します。

 

4⃣丁寧にたっぷりと水をジョウロであげてください!

~1週間半後~

 

6⃣子葉が出てきた頃に、元気なものを2~3株残してあとはハサミで間引きしてあげます。

 

~1週間後~

 

7⃣本葉が2~3枚になった頃に、元気な株を1株になるようにハサミで間引きしてあげます。

 

8⃣本葉が5~6枚になったら植え付けが出来るようになります。

2.畑作り①

※植え付けの2週間前

キャベツを栽培するために、キャベツがが好む畑を作ってあげましょう!

畑作りは、種まきの2週間前と1週間前の計2回で畑を作っていきます。

畑を調整するために必要なものは…

  1. 成肥料
  2. 堆肥(たいひ)
  3. 苦土石灰(くどせっかい)

この3つが必要になります。

1⃣畑の作り方は、種まきの2週間前にクワなどを使って畑を耕(おこ)して土を柔らかくします。

2⃣土を柔らかく出来たら、苦土石灰を1m2あたり100g程度畑にあたえてクワなどを使って土となじませていきます!

これでこの日の作業は、終わりです。

2.5.畑作り②

 ※種まきの1週間前

 

苦土石灰をあたえた一週間後に、元肥をあたえる作業をします。

 

1⃣一週間前に苦土石灰をあたえた場所に、畑の1m2あたり堆肥2㎏と化成肥料を100g程度あたえてクワを使ってなじませていきます。

画像

2⃣その後に畝のかたちを、作りましょう!

 

畝(うね)の幅が60mで高さが20cmの畝(うね)を作ります。

 

畝がきれいに作れない人は➡初心者でも綺麗な畝(うね)を作る講座!をご覧ください!

 

3.植えつけ

※春まき4月頃

※秋まき9月頃

1⃣植え付け時期になったら、30~40cm間隔で苗が入るサイズの穴をあけていきます。

 

2⃣苗を植えつけるときは、ポットに入っている土と根が崩さないように出して穴に入れて、その後土をかぶせて軽く手で押します。

 

3⃣ジョウロでたっぷりと水をあげます。

 

4⃣害虫対策のために防虫ネットや寒冷紗を使ったトンネルを、つけましょう!

 

これで、キャベツ植えつけは終了です。

4.追肥

キャベツの追肥は、全部で2回やります。

 

1回目…植えつけの2~3週間後

 

1⃣追肥の方法は、株の間に1m2あたり化成肥料を50gあたえて手などで軽く混ぜてあげます。

 

2⃣土を株元に寄せてあげます。

 

2回目…葉が丸まり始めた頃

 

1⃣追肥の方法は、畝の両脇に1m2あたり化成肥料を50gあたえて手などで軽く混ぜてあげます。

 

2⃣土を株元に寄せてあげます。

5.収穫

※植えつけから約2か月後

 

キャベツを上から軽く押してみてしっかりしまっていたら収穫できます。

 

1⃣収穫方法は、株元を包丁(ナイフ)で切って収穫します。

 

画像

ニンジイさん
キャベツ君は、昔に比べて丸くなったのじゃ!(キャベツだけにね♪)

キャベツ栽培で使用したものを紹介

苗づくり

  • ポット
  • ジョウロ
  • キャベツの種
  • 培養土(ばいようど)

 

土作り

  • 化成肥料
  • 堆肥(たいひ)
  • 苦土石灰(くどせっかい)

 

道具

  • クワ
  • 包丁
  • ハサミ
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたへのおすすめ