こんにちは、このページでは、種まきの基本を紹介していきます。

 

種まきと言っても…

 

謎の美女
土に溝を掘って種をまけばいいんでしょ?(笑)

 

と思われると思いますが、実はまったくその通りです!

 

違うのは、どのように溝(みぞ)を掘って種をどのくらい入れるか?ということだけです。

 

土に種をまく方法は、全部で3種類あります。

 

その3種類と土の被せ方と水のあげ方』を紹介していきます!

スポンサーリンク

種まき(播種)の基本

まずは、3種類の種まき方を紹介していきます!

1.点まき

点まきは、一か所に丸い窪みを作って数粒種をまく方法です。

 

やり方は、ペットボトルの蓋などで浅い溝を作って数粒種をまいていきます。

 

メリット

  • 間引きがしやすい
  • 少ない種でも育てることが出来る
  • 株間を広くして種をまくので、大きい果実が収穫できる

 

デメリット

  • 株間を広くとるので、狭い場所では大量に育てることはできない
ばらまきでまいた方が良い野菜

2.ばらまき

ばらまきは、最も簡単に種をまける方法です。

 

やり方は、植え付け場所に種がかぶらないように均一にまいていきます。

 

メリット

  • 簡単に種がまける!

 

デメリット

  • 他の種まきよりも種をたくさん使う
  • 間引きや追肥などの管理が大変になる
  • 密着しているので、病気になりやすくなる
  • (害虫にも食べられやすくなる)
ばらまきでおすすめしたいこと
ばらまきは、苗作りのときにするのがおすすめです。
このブログで、レタスキャベツの苗づくりで使ってします。

3.すじまき

すじまきは、1列の溝を付けて種をまく方法です。

 

やり方は、植えつける場所に支柱で浅い溝をつけて種をまいていきます。

 

メリット

  • 一列ではいているので、間引きや追肥などの管理が楽になります。

 

デメリット

  • ばらまきよりは、種まきが大変です。
すじまきでまいた方が良い野菜

種をまいた後にすること

種をまいた後は、土をかぶせて軽く土をおしてあげる鎮圧という作業をして、ジョウロで水をあげて種まき終了です!

 

1⃣やり方は、種を植えるときに作った溝の深さ×2~3倍の土をかぶせます。

 

※ニンジンやレタスなどの好光性(光がないと発芽しない)の野菜は、種が隠れる程度に土を被せましょう!

 

2⃣その後に、土と種が密着するように板や手で軽く押してください!

 

3⃣種が流れないようにジョウロで、水をあげます。

 

ニンジイさん
以上で種まきの基本紹介は終了なのじゃ!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたへのおすすめ