スポンサーリンク

キャベツの特徴とは?

キャベツは、今では球体で愛くるしい形をしているのが一般的ですが、昔は球体ではない形です。

 

今のキャベツの球体は、品種改良で人工的に作られた姿です。

 

またキャベツは、食物繊維やビタミンC.K.Uなどの栄養が、たくさん含まれており胃の調子を良くしてくれる効果があります。

 

古代ローマでは、『貧乏人の薬』と言われるほど栄養満点な野菜です!

キャベツの選び方3選

美味しいキャベツの見分け方を3つ紹介します。

1.重いものを選ぶ

大きさが同じくらいで、重さが違うのならば重いものを選びましょう!

 

重いものは、葉がギュッと締まっているので、葉は柔らかくみずみずしくて美味しいです。

 

軽いものは、育ちすぎの可能性が高いので、葉が硬くなっている可能性が高いです。

2.茎の大きさが500円サイズ

キャベツをひっくり返すと茎が見えると思います。

 

この茎が、500円玉くらいだと育ちが丁度いい美味しい野菜です。

 

500円玉よりも大きくなると、成長のしすぎで葉が硬くなっている可能性が高いです。

3.芯の高さが3分の2以下

この方法は、半分や4分の1にカットのキャベ半分ツを買うときの見分け方です。

 

キャベツの切り口部分の茎が見えるところを見て、全体的に茎が3分の2以下だと葉がしまっていて、葉が柔らかいものが多いのです。

 

半分や4分の1カットの物を買うときも、1.重いものを選ぶを活用して買うとより良いものを買うことが出来ますね!

キャベツの保存方法

キャベツは、ラップや新聞紙に包んで、冷蔵庫の野菜室に入れると水分が抜けにくくなるのでおすすめです。

 

また、切って使うよりも外側を剥きながら使った方が長持ちします。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたへのおすすめ