※まだ、製作途中なので画像がありません。

オクラの特徴
【名前】オクラ
【種類】アオイ科
【難易度】★☆☆☆☆
連作障害】〇(2∼3年空ける)
【発芽適温】約28℃
【栽培適温】23~28℃
【収穫できるまで】約50日
スポンサーリンク

オクラの栽培カレンダー

オクラを栽培する前に、栽培期間を確かめておきましょう!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
種まき 下旬 下旬
追肥 上旬 中旬
収穫 上旬 下旬

※➡にスクロールすると全部見れるようになります!

オクラの畑作りから収穫まで…

オクラの栽培方法を、画像を使って分かりやすく紹介していきます。

1.畑作り①

※植え付けの2週間前

オクラを栽培するために、オクラが好む畑を作ってあげましょう!

畑作りは、種まきの2週間前と1週間前の計2回で畑を作っていきます。

畑を調整するために必要なものは…

  1. 成肥料
  2. 堆肥(たいひ)
  3. 苦土石灰(くどせっかい)

この3つが必要になります。

1⃣畑の作り方は、種まきの2週間前にクワなどを使い畑を、深く(約30cm)耕(おこ)して土を柔らかくします。

2⃣土を柔らかく出来たら、苦土石灰を1m2あたり100~150g程度畑にあたえてクワなどを使って土となじませていきます!

 

これでこの日の作業は、終わりです。

1.5.畑作り②

 ※種まきの1週間前

 

苦土石灰をあたえた一週間後に、元肥をあたえる作業をします。

 

1⃣一週間前に苦土石灰をあたえた所に、畑の1m2あたり堆肥2~3㎏と化成肥料を150g程度あたえてクワを使ってなじませていきます。

 

2⃣その後は、高さが10~15cmの幅は70cmの畝(うね)を作ります!
畝がきれいに作れない人は初心者でも綺麗な畝(うね)を作る講座!をご覧ください!

 

 

3⃣畝が出来たらオクラは温かい所が好きなので、マルチを張っていきます。

 

マルチの貼り方がいまいちわからない人は➡初心者でも綺麗に張れるマルチの張り方講座!をご覧ください!

2.種まき(播種)

※4月上旬~5月下旬

 

1⃣発芽をそろえるために、種まきの1∼2日前に水の中に種を入れて発芽をしやすくさせます。

 

2⃣そして種まきの時期になったら、マルチに株間30cm感覚でオクラの種をまくための穴をカッターなどであけていきます。

 

3⃣穴をあけたらその中に、深さ2cmの窪(くぼ)みを作ってその窪みの中に、種が重(かさ)ならにように2~3粒ずつまいていきましょう!

 

3⃣その後に、土をかぶせて軽く手で押してたっぷりと水をあげます

 

4⃣そして鳥対策と保温のために、防虫ネットトンネルをつけます。

 

3.間引き

 

間引きは、ギザギザした本葉が2~3枚に育つとやります。

 

1⃣間引きの方法は、元気な苗を一つ選んで他の苗はハサミで切ります。

 

4.追肥

※種まきから約1か月後

 

追肥は、一番花が咲いたらやり始めます。

 

1⃣追肥の方法は、マルチの外側の通路に1m2あたり化成肥料を一握り(20~30g)あたえます。

 

2⃣そして、周りの土となじむようにスコップ混ぜます。

 

3⃣これから追肥は、オクラが肥料切れが起こらないように2週間に1回やります。

5.収穫

※種まきから約60日後

 

収穫は、オクラの大きさが…

五角形オクラ➡6~7cm

丸オクラは ➡12~15cmになったら収穫していきます。

 

1⃣収穫方法は、オクラのヘタをハサミで切って収穫します。

 

 

2⃣収穫した後は、実より下の葉をハサミで摘みとり栄養が上に行くようにします。

 

 

 注意!
➡収穫時期が遅れて大きくなりすぎたものは、筋だらけで硬くて食べれなくなってしまうので注意しましょう!

今回オクラ栽培で使用したものを紹介

オクラの栽培で使った肥料と道具を、紹介していきます。

 

土作り

  • 化成肥料
  • 堆肥(たいひ)
  • 苦土石灰(くどせっかい)

 

道具

  • クワ
  • ハサミ
  • スコップ
  • マルチ(黒)

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたへのおすすめ