※まだ、製作途中なので画像がありません。

ニラの特徴
【名前】ニラ
【種類】ユリ科
【難易度】★★★☆☆
連作障害】〇(2年は空ける)
【発芽気温】15~20℃
【栽培適温】15~20℃
【収穫できるまで】約1年2ヶ月後
スポンサーリンク

ニラ栽培カレンダー

ニラを栽培する前に、栽培期間を確かめておきましょう!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
種まき 上旬 中旬
追肥 上旬 下旬
収穫(翌年) 上旬 中旬

※➡にスクロールすると全部見れるようになります!

ニラの苗作りから収穫まで…

※植え付けの2~3週間前

まずは、苗づくりに必要なもの!

  1. 育苗箱
  2. 培養土
  3. ジョウロ
  4. ニラの種

の4点です。

苗の作り方

 

1⃣育苗箱に培養土をたくさん入れて、土を板などで押して圧縮させて、8割程度土が入るようにします。

2⃣育苗箱に、幅10cm開けてスジまきで1~2cm離して種まきをしていきます。

※ニラの種の写真を撮り忘れたので、画像の種はトマトの種です。

 

3⃣ニラに、種が隠れるように土をかけてあげて、再び表面を板などで押します。

4⃣育苗箱の下から水が出てくるまでたっぷりと水をジョウロであげてください!

5⃣土が乾かないように濡れた新聞紙を上にかぶせてあげます。

※種まきから1~2週間で発芽します

 

~2~3週間後~

 

6⃣発芽してから1∼2週間経ちましたら、元気がないものや葉と葉が近すぎるものは、抜いていきます。

他の株も抜けないように他の株の株元をしっかり押さえながら抜きましょう!

 

7⃣抜いた後は、苗が倒れないようにニラの株元に土を寄せてあげます!

8⃣そして、草丈が20cm以上になると植え付けが出来るようになります。

 

2.畑作り①

※植え付けの2週間前

畑作りは、良いニラを栽培するために、ニラが好む畑を作ってあげましょう!

畑作りは、種まきの2週間前と1週間前の計2回で畑を作っていきます。

畑を調整するために必要なものは…

  1. 成肥料
  2. 堆肥(たいひ)
  3. 苦土石灰(くどせっかい)

この3つが必要になります。

1⃣畑の作り方は、種まきの2週間前にクワなどを使い畑を、深く(約30cm)耕(おこ)して土を柔らかくします。

2⃣土を柔らかく出来たら、苦土石灰を1m2あたり100g程度畑にあたえてクワなどを使って土となじませていきます!

これでこの日の作業は、終わりです。

2.5.畑作り②

※種まきの1週間前

 

苦土石灰をあたえた一週間後に、元肥をあたえる作業をします。

 

1⃣一週間前に苦土石灰をあたえた場所に、畑の1m2あたり堆肥3㎏と化成肥料を200g程度あたえてクワを使ってなじませていきます。

2⃣その後は、高さが10cmの幅は40cmの畝(うね)を作ります!

畝がきれいに作れない人は初心者でも綺麗な畝(うね)を作る講座!をご覧ください!

 

2.植えつけ

※5月中旬~7月上旬

1⃣植え付け時期になったら、1か所に5~6株をまとめて15cm間隔で植えつけていきます。

 

2⃣植えつけたら土をかぶせて軽く手で押します。

 

3⃣その後に、ジョウロで水をたっぷりあげます。

 

以上で、ニラ植えつけは終了です。

3.追肥

※植え付けから1ヶ月後

 

追肥は、植えつけから約1か月経ったら月に1度のペースでやります!

 

追肥の方法

 

追肥の方法は、液体肥料.化成肥料を使う方法の2つがあります。

 

どちらかを参考にして与えて下さい!

 

➡液体肥料の場合は、油かす液肥を10∼15倍に薄めて月に1度与えます。

 

➡化成肥料の場合は、株元に1m2あたり50g与えて周りの土と混ぜてなじませます。

4.つぼみ摘み

ニラが、成長してきて夏になると花が咲きます

 

その花を、そのまんま放置しておくと栄養が花に行ってしまい、株が成長しにくくなってしまうので、つぼみを見つけたら摘むようにしましょう!

 

5.刈り取り

 

寒くなってくると葉が、枯れていきます。

 

このタイミングで、最後の追肥をして、地上に出ている葉を刈り取ります。

6.収穫

 

翌年の秋ごろ草丈が、20~25cmになったら収穫できるようになります。

 

夏でも収穫できますが、葉が硬いので、秋ごろに夏に伸びた葉を一回刈り取ってから、収穫するといいと思います。

 

また収穫後は、栄養を与えるために追肥してあげます。

 

➡液体肥料の場合は、収穫後油かす液肥を10∼15倍に薄めて与えます。

 

➡化成肥料の場合は、収穫後2週間に1回に株元に1m2あたり30g与えて周りの土と混ぜてなじませます。

 

今後ニラの収穫は、3~4年楽しく出来るようになります!

 

今回のゴボウ栽培で使用したものを紹介

苗づくり

  • 育苗箱
  • 培養土
  • ジョウロ
  • ニラの種

 

土作り

  • 化成肥料
  • 堆肥(たいひ)
  • 苦土石灰(くどせっかい)

 

道具

  • クワ
  • スコップ
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたへのおすすめ