※まだ、製作途中なので画像がありません。

シソの特徴
【名前】シソ
【種類】シソ科
【難易度】★★☆☆☆
連作障害】〇(1∼2年は空ける)
【発芽気温】20℃前後
【栽培適温】25~30℃
【収穫できるまで】約60日
スポンサーリンク

シソ栽培カレンダー

シソを栽培する前に、栽培期間を確かめておきましょう!

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
種まき 下旬 下旬
収穫 上旬 下旬

 

※➡にスクロールして全部見れるようになります!

シソの畑作りから収穫まで…

シソの栽培方法を、画像を使って分かりやすく紹介していきます。

1.畑作り

※植え付けの2週間前

シソを栽培するために、シソが好む畑を作ってあげましょう!

畑作りは、種まきの2週間前と1週間前の計2回で畑を作っていきます。

畑を調整するために必要なものは…

  1. 成肥料
  2. 堆肥(たいひ)
  3. 苦土石灰(くどせっかい)

この3つが必要になります。

1⃣畑の作り方は、種まきの2週間前にクワなどを使い畑を、深く(約30cm)耕(おこ)して土を柔らかくします。

2⃣土を柔らかく出来たら、苦土石灰を1m2あたり100g程度畑にあたえてクワなどを使って土となじませていきます!

これでこの日の作業は、終わりです。

2.5.畑作り②

※種まきの1週間前

 

苦土石灰をあたえた一週間後に、元肥をあたえる作業をします。

 

1⃣一週間前に苦土石灰をあたえた場所に、畑の1m2あたり堆肥2~3㎏と化成肥料を100g程度あたえてクワを使ってなじませていきます。

2⃣その後は、高さが10cmの幅は60~70cmの畝(うね)を作ります!

畝がきれいに作れない人は初心者でも綺麗な畝(うね)を作る講座!をご覧ください!

 

2.種まき

3月下旬〜4月下旬頃

1⃣植え付け時期になったら、一週間前に作った畝にペットボトルのキャップで、40センチ間隔で溝を作ります。

 

2⃣その溝の中に種を5〜6粒づつ撒いていきます。

 

3⃣種をまいた上から土を軽く被せて上から押してあげます。

 

4⃣その後種が流れないように優しく水をかけてあげます。

 

以上でシソの種まきは終了です。

3.間引き・追肥

 

シソの間引き&追肥は、本葉が4~5枚になるまで成長したらやります。

 

1⃣間引きの方法は、元気な一か所に1株いい株を残してあとは抜き取ります。

 

2⃣間引き後は、化成肥料を1m2あたり30g株元に追肥して、手で周りの土と混ぜてあげます。

 

今後追肥は、株に元気がなくなってきたなという時に、今回と同じやり方で追肥してあげます。

 

4.収穫

※6月中旬~

 

シソの収穫は、6月頃から葉っぱが30cm以上になった若葉を収穫していきます。

 

収穫方法

 

1⃣収穫方法は、葉っぱの大きさが30cm以上になったものを、茎からつまんで収穫するだけです。

 

2⃣また、シソは乾燥に弱いのでなるべく株を弱らせないために、地面が乾いてきたら水やりをするようにしましょう!

 

今回のシソ栽培で使用したものを紹介

土作り

  • 化成肥料
  • 堆肥(たいひ)
  • 苦土石灰(くどせっかい)

 

道具

  • クワ
  • ハサミ
  • スコップ
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたへのおすすめ