好光性種子とは、光を感じて発芽する種子のことです。

 

好光性種子の場合は、光を感じさせるために覆土(ふくど)するときに、種が隠れる程度土をかけてあげたり、水やりのときに種が流れないように、ジョウロの先端を上に向けてあげて細かいシャワーのようにして水をあげるようにします。

 

人で言うと、リア充と言う分野に入る野菜だと思ってもらえば分かりやすいと思います。

代表的な好光性種子
ニンジン、インゲン、レタス類、シソ

逆に光を感じなくても発芽する嫌光性種子というものがあります。

 

こちらは、人で言うと陰キャと言う分野に入る野菜です。

代表的な嫌光性種子
カボチャ、キュウリ、トマト、ナス
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

あなたへのおすすめ